未分類

和食の進化について

投稿日:

長寿国の日本の食事、和食が世界中で注目され人気です。
和食といえば野菜や魚料理に、御飯、味噌汁、漬物などの定食やお寿司を思い浮かべます。
蕎麦やうどん、ラーメン、カレー、パスタ、パン、現代の日本人は沢山の種類の食事を日常的に食べてます。

スポンサーリンク

以前に醤油やソースについて調べた時、明治時代にいろいろな野菜や調味料が日本に入って来た事、それまでは醤油でさえ庶民にとっては高級品で、日常的には使っていなかった事に驚いたのですが、明治以前の日本人はどんな食事をしてたのか興味を覚えました。

一汁一菜
朝は御飯と味噌汁。
昼は冷や飯、野菜か魚。
夜は茶漬けに漬物。

庶民の一般的な食事で、実に質素な内容です。栄養価が心配になりますね。
当時の御飯は米ばかりでなく、麦や雑穀を混ぜた物が主流で、一人当たり1日4合以上食べていたそうなので、まさにメインディッシュが御飯、お替り3杯は普通だったそうです。
こうした食事は昭和初期まで庶民にとって当たり前だったのです。

一汁一菜に変化が出て来たのは、明治の開国からです。いろいろな物が入って来て料理にもバリエーションが生まれました。当時の上流階級のお嬢様の教養として料理が浸透していきます。大正に入ると、男性は外で働き、女性は専業主婦として家庭を守るという考え方が強くなり、主婦が丁寧な食事を作る様になってきますが、それも都市部の上流、中流家庭の事で、地方や農村部ではまだまだずっと一汁一菜の食事です。

昭和、終戦後、物の無い時代は手の込んだ料理どころでは無かったでしょう。が、高度経済成長で、暮らしも豊かになり、テレビの登場で、料理番組が放送されると、地方や農村部でも家庭料理は愛情の現れとばかりに普及していきます。家電の発達も料理の進化を助けてくれました。この頃さっちゃんは生まれました。一汁一菜よりは豪華な食事に変わって行きます。おばあちゃんがクリームシチューを作ってくれ美味しかったのが記憶にあります。

家事の電化が進むと、女性も外で働き易くなりました。簡単で美味しい食べ物のに需要が変化して行きます。栄養バランスの良い食事と、医学の進歩も目覚ましく日本は長寿の国になりました。戦争の無いこの国のこの時代に生まれ、楽して美味しい物が食べられるラッキーな時代に生まれた事に感謝です。わずか、数十年前から見た日本の食生活の進化は、情報が簡単に得られることで物凄く発展したのですね。テーブルの上の醤油を見ると感慨深いです。

今日のおつまみ
ポテトサラダ

ジャガイモの皮をむいて
人参、カボチャと一緒に圧力鍋で煮る
刻んだ胡瓜、タマネギを熱いうちに混ぜる
バター、マヨネーズ、塩胡椒、砂糖で味を調える

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

nhk あさいち

nhk あさいちについて スポンサーリンク nhk朝ドラの番組を観た流れで、そのまま生放送のnhkあさいちの番組を観てます。 洗濯物を干しながらだったり、朝ご飯を食べながらだったりの時間です。  MC …

水仙とニラ

久しぶりに友人達と食事に行ってきました。 和食でしたので、菜の花とホタルイカの煮浸しなど春らしいメニューが並び、食材について話しが弾みました。 スポンサーリンク ホタルイカはどこが光るのかわかりますか …

カーブスで健康寿命アップ

久しぶりに会った知人の方が少しほっそりしてました。 スポンサーリンク 「少し痩せました?」太った?は聞き辛いけど、痩せたは女性にとって誉め言葉です。「ありがとう」と言われました。体重が増えて、膝が痛く …

情けは人の為ならず

親しくしてる友人の手相占いがよく当たると評判です。 でも、彼女は占い師ではありません。本業は、秋田市飯島で陶器と喫茶のお店のオーナーさんをしてます。 コーヒーを飲みながら、人生相談する人の悩みに向き合 …

バラの香り

バラの香りと紅茶について スポンサーリンク 自然な味わいで、飽きがこないので、やっぱりダージリンと思うのですが、紅茶教室に通い始めた頃は香りのよいフレーバーティーが魅力的でした。 苺の採れる季節には苺 …



スポンサーリンク

最近の投稿

アーカイブ

全くの素人が始めた小さなお店ですが、 飲食店の開業や起業の、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

住所  秋田市外旭川字八幡田209-4

営業時間
月〜日 12:00 AM~15:00 – 17:00~23:00PM
水 17:00~23:00
不定休

電話番号018-869-7616

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31